プライベート用の名刺を作り始めた

投稿日:

出来るだけ人と関わりたい

ここ数年引きこもりだったのですが、 これではマズいということで、勉強会などいろいろなイベントに行こうと思っています。

と言っても愛媛ではほとんどないので、月1回くらいの予定ですが・・・

名刺がいいかも

そう考えてたときにふと目に留まったのがこの動画です。

これを見て「名刺というのもアリなもなぁ」と思いました。

パラレルキャリアと2枚目の名刺

それからKindle Unlimitedで読める本がないかなと思って見つけたのがこの本です。

この本の最初にある説明で、頭の中がつながりました。

ピーター・ドラッカーは、本業以外にもう一つ別の仕事を持つ「パラレルキャリア」という生き方を提唱している。

パラレルキャリアについては、「明日を支配するもの」に以下のように記載されています。

第二の方法は、パラレル・キャリア(第二の仕事)、すなわちもう一つの世界をもつことである。 20年、25年続け、うまくいっている仕事はそのまま続ける。週に40時間、50時間を割く。 あるいは、あえてパートタイムとなったり、コンサルタント的な契約社員となる。 しかしもう一つの世界をパラレル・キャリアとしてもつ。 多くの場合、非営利組織で働く。週10時間といったところである。

自分は今42歳ですが、ちょうど第二の人生について考えているところです。 選択肢の中には、ドラッカーが述べる「第一の方法」である、 「組織や職業を変える」も含まれていますが、 今の会社のままでプライベートを充実させることも選択肢の一つです。

ごちゃごちゃ詰め込んだ名刺

最初の動画で面白いと思ったのは、ごちゃごちゃ詰め込んでいることです。 名刺って詰め込んでいる印象があまりないのでちょっとびっくりしました。

ただ逆に、こういうのもアリかなと思いました。 話題にはしやすいんですよね。

「君の人生を変える100の小さな習慣」の 「55 オリジナル名刺を作ってみよう」でもごちゃごちゃ詰め込んだ名刺について書いていました。

また、「テニス ピアノ 社交ダンス 富山 名古屋 茗荷谷 もしドラ経済 商売の日本史」といった 私にまつわる趣味や生まれた場所、過去に住んだ場所、いま住んでいる場所、そして書いた本などの キーワードを書いています。相手が少しでも接点を見つけてくれて、 話が盛り上がるための工夫です。

なかなか面白いかもしれませんね。

参考文献