ダメな人にありがちな時間の使い方4つ

投稿日: 更新日:

最近はほとんど見なくなったのですが、 ネットでは、時間を無駄に使っている人ばかりだなと思います。 そういう人には太字でいいます。

無駄な時間を使っている人はどんどん苦しくなる

もちろんただ煽る気はないので、 減らすべき時間と、代わりの方法を4つ挙げます。

1. ニュースばかり見ている

自分に関係ないニュース1を見るのは全くの無駄です。 気分がネガティブになるだけで、百害あって一利なしです。

では代わりに何を見ればいいかというと、それは「本」です。 Kindle Unlimitedなら980円で読み放題です。 ニュースを見る代わりに本を読むだけで、 無駄な時間が有意義な時間に生まれ変わります。

と言っても難しい本を無理して読まなくて構いません。 最新の本はハズレも多いです。 おすすめは、「仕事は楽しいかね?」のような、少し古めで著名な本です。 仕事術の本も質が高いものが多いのでおすすめです。

2. 「暇つぶし」ばかりしている

スマートフォンで暇をつぶしている人をよく見ます。 その習慣をやめましょう。 遊ぶなら暇つぶしではなく、本気で遊んでください。 勘違いしてはいけないのは、どっぷりハマるということが重要で、 ガチャに大金をつぎ込むようなバカなことはしてはいけません。

3. ネガティブな人と馴れ合う

ときには愚痴をつぶやきたくなるのは分かりますが、 Twitterで愚痴でつながって、傷のなめ合いをしても何の解決にもなりません。

ネガティブな人とはバッサリ縁を切りましょう。 Twitterの場合おすすめなのは、公式RTばかりしている人を切ることです。 それだけでTwitterはだいぶマシになりました。

代わりにポジティブな人、あるいはリアルでつながるのもいいですが、 内向的な人(自分みたいな)には難しいと思うので、 代わりに「一人の時間を持つ」ことをおすすめします。

4. 長文を書かず、つぶやきばかりしている

昔ブログをたくさん書いていた人も、 Twitterでのつぶやきしかしなくなったとたん、 だんだんつまらない人になっていきました。

そのような人を反面教師にして、 つぶやきをやめて、アウトプットを増やしましょう。 文章でもプログラムでも絵も何でもいいです。


  1. 自分はプログラマーなので、IT関連のサイトはときどきみます。 [return]