Personal Blocklistが動かないので代替拡張を作った

投稿日: 更新日:

ゴシップサイトブロッカーの記事は移動しました(こちらにも残す予定です)。

Google検索から見たくないサイトを消す拡張機能を作った

ゴシップサイトブロッカーというGoogle Chrome拡張機能を作りました。 Google検索の結果から見たくないサイトを消すものです。

こちらからダウンロードできます。使ってみてください。

Personal Blocklistが使えなくなった→作っちゃえ!

自分はGoogleが作った拡張機能「Personal Blocklist」を愛用していました。 しかし数カ月前から突然、ブロックできなくなりました。

自分はこれがないとGoogle検索が使えません。 困りました。

ふと気づきました。作ればいいじゃんと。 なので、自分で作りました。

自分で作った拡張機能なので、自分が欲しい機能を追加しています。

YouTubeのこの動画だけ見たくない→できます

  • 「あのサイトは役立つけれど、この記事はキライだから見たくない」
  • 「YouTubeはブロックしたくないけれど、あの動画は見たくない」

そう思ったことはありませんか? ゴシップサイトブロッカーならできます。

ゴシップサイトブロッカーでは、任意のURLをブロックできます1。 もちろん、Personal Blocklistと同じように、サイトごとブロックもできます

あのサイトの存在を消して欲しい→できます

「あのサイトは絶対見ないので、検索結果から消えないかなぁ」

そう思ったことありますよね。 ゴシップサイトブロッカーならできます2

ゴシップサイトブロッカーでは、2種類のブロック方法があります。

ソフトブロックは後で表示できます(Personal Blocklistと同じ)。

ハードブロックはいったん消したものは二度と表示できません

気が変わった場合は、オプション画面で変更してください。

タイトルを一瞬でも目に入れたくない→できます

「ブロックしてるんだけど、タイトルが一瞬でも目に入ってしまう。なんとかならないかなぁ」

そう思ったことありますよね! ゴシップサイトブロッカーならできます3

ただ、この機能を入れた結果、検索結果のレイアウトが少し崩れてしまいます。 気になる人はウィンドウをリサイズしてください。 元に戻ります。

トップニュースはブロックできないの?→できます

トップニュースに嫌いなサイトが出てくるのが嫌。なんとかならないかなぁ」

そう思ったことありますよね!!! ゴシップサイトブロッカーならできます。

端末間で同期できないの?→できませんでした(´・ω・`)

「たくさんの端末に一つ一つ設定するのが面倒。なんとかならないの?」

そう思いますよね。 でも残念ながら対応できませんでした。 なぜなら同期できるデータの量にキツい制限がかかっているからです4インポート・エクスポートを使ってください

ゴシップサイトをこの世からなくしたい

ゴシップサイトを見ることは、他人の人生に振り回されているのと同じです。

あなたは死んだあとに、「あの人はゴシップサイトを見て愚痴っているだけの人だった」と言われたいでしょうか?


  1. 技術的には、URLからプロトコル(http, httpsなど)を除いた先頭一致でブロックします。 [return]
  2. 技術的には、ソフトブロックは非表示(display: none)で対応していますが、ハードブロックはDOMから要素を削除しています。 [return]
  3. 技術的には、最初に一旦非表示にして、ブロックが完了してから表示しています。 [return]
  4. 制限の詳細は、chrome.storageを確認してください。 [return]