ビールは減税すべき

投稿日: 更新日:

ホワイトベルグを飲んでみた

※元々は1つの記事でした。 ホワイトベルグの感想については以下に移動しています。

ホワイトベルグがヒットしたのは当然

日本の酒税法はおかしい

ホワイトベルグはいわゆる「第三のビール」です。 この記事のタイトルは「ビールは減税すべき」です。

自分とは関係ないビールを安くしろ、それって変ですよね。

本当に言いたいこと。それは日本の酒税法は変だ

そして酒税法の変な点は、 税率を安くするためだけにある「発泡酒」「第三のビール」の存在です。

ノンアルコールビールや健康に配慮したものはまだいいでしょう。 問題は安いだけのビールの代替品。

税制が変われば吹き飛ぶ存在。そんなもの開発費の無駄です

だから酒税法を改正して、アルコール度数など、 酒の種類によらない区分を決めれば、無駄な競争が減ります。

その結果として自分が飲まないビールが安くなって、 チューハイが高くなっても構いません

ただ、今の状態は明らかに開発費の無駄なのでおかしい、そんだけです。

その後・・・

この元となった記事は2015年5月に書きました。 元記事はホワイトベルグの感想と混じっていたので、分離しています。

酒税法が2018年4月から大幅に改正されました。 ビール類については想定通りでした1

10年は長いですが、こういうのは合意が重要です。


  1. 少なくとも2014年頃からは検討してたらしいです。ニュース見ないので知りませんでしたが。 [return]

ページトップへ戻る