DevOpsエンジニアを自称することにした(随時更新)

投稿日: 更新日:

DevOpsは職種ではなく文化

最初に断っておくと、DevOpsは職種ではなく、文化であることは十分承知しています。 ただ、以下の理由から、職種として「も」考えたいと思っています。

あと最近ではSRE(Site Reliability Engineering)という考え方もありますが、 まだそこは詳しくないので入れてません。ただ、視野には入れています。

スキル

自分は今のところ、以下のようなスキルがあります。

  • 開発系
    • 一人前に使える: Java, Ruby, bash
    • 学習中: Go
    • まだ使えない: Python
    • 過去に使っていた: Objective-C
  • インフラ系
    • ゼロからLinuxサーバ構築可能
    • Apache HTTP Server
    • Apache Tomcat
    • RDBMS(Oracle, MySQL)
  • Infrastructure as Code
    • 一人前に使える: Ansible, Vagrant
    • 半人前に使える: Docker
    • 使えない: Kubernetes
  • CI/CD系
    • 一人前に使える: Jenkins
    • 使えない: CD系全部
  • クラウド
    • 学習中: AWS

やってきたこと

2009年から勤めている今の会社では以下のようなことをやってきました。

  • サーバサイド開発(Java)
  • フロントエンド開発
  • モバイルアプリ開発(iOS, Android)
    • ただし2012年頃で、今はほとんどやっていません。
  • 認証認可基盤開発(OpenID Connect, SAML)

価値観

雑食系

例えばこの記事に共感しました。

SREの現場で必要なスキルやマインドについては、 プログラミングができること、コードが書けることに加えて、 フルスタックの能力が求められるとする。 何でもやりたい、新しいことに挑戦したい、 変化を怖がらないなど、「雑食系」(浅羽氏)が向いているという。

自分はいろんなことをするのが得意です(逆に一つのことを突き詰めるのは苦手です)。 好き嫌いはありますが、基本的には何でもやりたいタイプです。

後に書いているように「慎重さ」が強みですが、変化を怖がるタイプではなく、 変化をマネジメントするタイプだと思っています。

完成度重視

今までは業務アプリケーションを書いてきました。 分かりやすいコードを書くのは好きなのですが、 どうしてもアプリケーション開発は本業ではないなと思うところがあります。

1つ目は、早く完成させることが優先されがちだからです。 自分は早く完成させることはできますが、 どうしても完成度の高さを重視してしまうので、不満が残ってしまうんですよね。

自分はストレングスファインダーで「慎重さ」が強みと出ています。 なので、開発でも基盤系や、インフラ系の方が向いていると思います。

高度なアルゴリズムは興味がない

また、先ほども書いた通り、分かりやすいコードを書くのが好きです。 逆に言えば、高度なアルゴリズムを駆使した開発は好きではありません。

なので、機械学習などはそれほど興味ありません。

当面の目標

先ほど書いた資格が目標としてちょうどいいかもしれません。