2015年6月15日月曜日

日本のネットを荒廃させた「主犯」は誰か

自分は何度も「今のインターネットには幻滅している」と書いています。もちろんその事実は揺るがないのですが、少なくとも自分がネットを始めた1995年頃はそうではありませんでした。2000年前半の頃は問題はあれど、まだ無法地帯ではありませんでした。

こういう話をするとおそらくみんなが想像するのが「2ちゃんねる」(以下2ch)です。しかし、2chが主犯ではありません。なぜなら、2chは最初から「痰壷」として生まれたものだからです。誰もが汚い、醜い一面を持っています。それを消すことはできません。だから、汚いものは、汚いと認識されている場所に隠します。

逆に言えば、汚いと認識されている場所にあるものは、汚いものだと分かります。だから、結果的に本当な場合もありますが(日本IBMのブラックぶりなど)、2chにある情報をそのまま本気にする人はいません。

もちろん、隠したから何でも許されるものではありません。犯罪予告をすれば逮捕されます。「汚い場所を作っていいのか」という論点もありますが、これも一概には言えません。ただ、汚いものが汚い場所にある状態は、少なくとも無法地帯ではありません。しかし、この15年ほどで、日本のネットは真の無法地帯になってしまいました。

15年前のネットと今のネットの大きな違いは以下の2つです。
  1. 汚い場所とそうでない場所の区別がつかなくなった
  2. 汚いものとそうでないものの区別がつかなくなった
2つに分けましたが、この2つは密接に関係しています。なぜなら、汚いものが汚い場所にあることで、汚いものの区別が可能だからです。

その意味で、コピペブログ(まとめブログ)は、汚いものを汚い場所から引き離し、汚くないように見せようとした悪質なものです。だからもちろん、日本のネットを荒廃させた大きな要因の一つです。しかし、これも「主犯」ではありません。なぜなら、これより前に同じことをした奴がいるからです。それこそが「主犯」です。

汚いものは汚い場所というのは、「情報」に限った話ではありません。Warezもそうです。ネット黎明期のころは、「Warez=近寄ってはいけないもの」という認識があり、そういうものがあることは知ってても、誰も近寄りませんでした。そもそも詳しい情報なんて載せるはずもなく、もしかすると近寄ってた人がいたかもしれませんが、当然ながらそんなことは話すはずがありません。

繰り返しますが、「近寄ってはいけないもの」だからWarezを擁護するわけではありません。ただ、相手がハエ程度の存在なら、ハエたたきを持って来れば十分です。相手がハエではなく、熊だからこそ、ライフルを持ってきます。

しかし、日本だとWinnyが出てきてから、「近寄ってはいけないもの」という認識がなくなってしまいました。しかし、Winny、もしくはその開発者の金子勇さんが主犯ではありません。なぜなら、個人的にはWinnyが価値中立とは到底思えませんが、それでも、有罪というには抵抗感があります。

一方でアメリカでは、WinMXやNapster(初代)が生まれ、かつ早々に潰され、ネット民からは「悪法」と言われるデジタルミレニアム著作権法(DMCA)も早々に成立しているにも関わらず、iTunesを始めとした合法サービスが早々に普及しています。しかし、この点で日本は大きく出遅れていました。しかし、先に挙げたように、ネット民の言う「悪法」が原因なら、アメリカは日本よりも遅れているはずです。

日本とアメリカの大きな違いはただ1つです。それは「Warezが一般人まで普及したかどうか」です。すなわち、Warezを一般化させた張本人が主犯です。そして、その悪影響はWarezだけにとどまらず、コピペブログなどにも及んでいます。その日本のネットを荒廃させた主犯はこいつです。

"金髪割れ厨" 津田大介

自分は金子勇氏を不当逮捕というつもりはありませんが、少なくともこれは言えます。金子氏でなくこいつを逮捕しておくべきだった。金子氏とは違い、明らかに違法性を認識してるので、立件も容易だったはずです。しかも、こいつは罪の認識すらありません。自分からすると津田大介は100%の、混じりっけのない「人でなし」です。

こいつを擁護する人たちも同罪です。こいつの仲間と思われることがどれだけ大きなリスクなのかを理解していません。言ってることがまともだから敵のように扱うなと言ったバカには本当に呆れます。

もうネットに「自浄作用」が生まれる余地はありません。となると残る選択肢は2つです。無法地帯か、徹底的な規制か。どちらがマシかと言われると後者です。もう徹底的に規制されればいいです。自分もこんな憎しみに溢れた記事を書かなくて済むので。

2015年6月11日木曜日

Splatoonは語りたくなるゲーム

先日発売されたWii UソフトのSplatoon(スプラトゥーン)、他のゲーマー同様買って楽しんでます。ここまで遊んでいる人の熱気が伝わってくるゲームはなかなかありません( ・ิω・ิ)

もちろんこのゲームについて語ることもできますが、既に多くの人によって面白さは語られているので、自分は一歩引いて、このゲームをみんなが語りたくなる理由について書いてみようと思います。

面白いのは当然だが、面白いだけじゃ足りない

Splatoonが面白いのは言うまでもありませんが、面白いだけでは語るには足りません。例えば、マリオカート8は面白いですが、マリオカートの面白さは多くの人が知っています。語りたくなるためには、「自分が面白い」と思うと同時に、「あまり知られてないこと」が重要です。なので、まず1番目にこれが来ます。

1. 「完全新作」であること

自分は「新規IP」という単語に違和感を持つ理由」に書いたように、ガワだけ変えてシステムがほとんど変わらないゲームよりも、キャラが同じでもシステムが変わっているゲームの方を好みますが、Splatoonは、システムが新しいだけではなく、ピクミン以来14年ぶりのキャラクター(社長が訊くより)です。もちろん、イカにした意味はただ見栄えのためではありません。

このSplatoonは完全新作ですが、突然注目された作品ではありません。初登場の2014年のE3では、斬新なシステムで話題をかっさらっていきました。その時を知ってる自分からすると、「やっと出た!」という感じです。それで面白いなら伝えたくなるのが当然です( ・ิω・ิ)

2. 馴染みがないTPSというジャンルであること

Splatoonは公式には「アクションシューティング」というジャンルで、一般的には「サードパーソン・シューティングゲーム」、略してTPSというジャンルです。海外ではFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)と合わせてメジャーなジャンルですが、日本だと非常にマイナーなジャンルで、自分も含め、興味があるけど敬遠する人が多いです。

TPS/FPSが敬遠されるのは、「なじみのない洋ゲー」「流血などの残虐シーン」「ボイスチャットによる暴言」などの怖いイメージが先行しているためですが、Splatoonには任天堂開発、流れるのは血ではなくインク、コミュニケーションは「ナイス」「カモン」の2つだけです。

自分はネット対戦恐怖症で、TPS/FPSはおろか、マリオカートでもネット対戦をしたことがないのですが、そんな自分でもSplatoonは、最初見たときから「やってみたい」と思わせて、実際楽しめるネット対戦ゲームでした。さすがにマリオカートができないのは怖がりすぎだと思いますが。

苦手なものが楽しめるようになると、人に伝えたくなるのは自然なことです。DQ10を始める前も「ネトゲ=怖いもの」というイメージがあったので、ネトゲ恐怖症の自分でも遊べるDQ10の記事を書いています( ・ิω・ิ)

3. すべてのプレイがプラスであること

Splatoonの一番の特徴が、「インクを塗ってその面積を競う」というルールです。これによって、ほぼすべての行為がプラスになります。最前線で撃ち合いもよし、撃ち合いが苦手なら逃げ回りつつ塗るもよし、不利そうなら裏をかいて相手の陣地を塗るもよし。

そして、終わって結果が出るまで、勝ったかどうか分からないこともたくさんあります。戦況はWii U GamePadに出ているのですが、乱戦になっているときは特に、見る暇がなくて気がついたら陣地を大きく塗られていることも。操作はシンプルでハードルが低いですが、その分状況判断が求められるため、単調なゲームではありません。

先日対戦した例だと、両チームほぼ自分の陣地を塗っていて、中央はこっちが有利だったので勝っただろうと思ったら、塗り残しの差で負けてしまいましたorz、別の対戦では、30秒残したところで中央で乱戦になってたところをバリアで支援して撃ち合いに勝って最後は相手の陣地にインクをぶちまけて快勝ヽ(´ー`)ノ

勝ったら勝ったで、負けたら負けたでその内容を語りたくなるゲームです。もちろん負けると悔しいけどね(´・ω・`)

4. Miiverseをイカしている

Wii Uを発売日に買ってから期待してたMiiverseですが、ずっとしっくりこない状態が続いていました。ネットに幻滅している自分からすると、Miiverseの平和さはホッとするところもあるのですが、それだけだと何か足りません。他のゲームではMiiverseの書き込みがふきだしで表示されたりしますが、あくまでも「おまけ」です。

しかし、Splatoonが他と違ったのは、Miiverseがゲームに統合されていることでした。ゲームを起動して広場に行くと、他の人の書き込みが見れ、すぐに「そうだね」がつけられます。見ているだけでも楽しいし、書き込んでも楽しい。これも他のゲームにはない楽しさです。

今週末に開催される「フェス」もその一つです。日本では「朝食はご飯かパンか」というお題で、USの「猫vs犬」やUKの「ロックvsポップ」に比べて地味かと思ったんですが、投票受付が始まると大盛り上がり。日本人の食べ物へのこだわりを甘く見てました(ノ∀`)

5. 最後はやっぱり「イカ」

このゲームはいろんな場所に「イカ」を使ったダジャレが出てきます。こういうダジャレは通常は「寒いオヤジギャグ」なのですが、このゲームではゲームの内容とも相まって、むしろイイ雰囲気を出しています。この雰囲気に慣れると、自然にダジャレが出てしまいます。別にウケを狙っているわけではなく、楽しいんですよね。

Miiverseでの反応が良いことで、ネタに走る人も多くいます。いわゆる「イカ大喜利」もその表れです。みんな絵がうますぎるやろ(´Д` )

日本では特に、「侵略!イカ娘」のアニメが放映されていたのもあって、イカダジャレが許される雰囲気ができていました。Splatoonのイカは出自も見た目もイカ娘とは似ていませんが(タグも「イカガール」なのでイカ娘とスミ分けている)、せっかくなので公式でイカ娘と何かやらないかなぁ…と思ってたら、コラボするらしいです( ・ิω・ิ)

というわけで、みんなもSplatoonやらなイカ?