2015年11月8日日曜日

絶対迷わない初心者向け日本酒の選び方

以前は日本酒はほとんど飲まなかったのですが、最近日本酒もアリかなぁと思っていろいろ飲んでます。まだ全然分からないし、飲み続けるかどうかも分からないのですが、こんな感じのがいいなぁというのは見えてきました( ´ω`)

ネットには初心者向けの記事がいろいろあるのですが、どれ見ても全く初心者向けではありません。純米酒、吟醸酒、本醸造酒とかいろいろあって、「純米酒=米だけで作られている」とか知識としては良いですが、全くの初心者からすると、そんなこと言われてもどれ飲めばいいか分からんというのが本音です。

そもそも、ネットの記事のほとんどが初心者のためではなく、アフィリエイトのために書いた記事です。自分の好きな日本酒をお勧めしたいのなら、1つか2つリンク貼れば十分で、5つも日本酒を並べている時点で、アフィリエイト目的なのが明白です。

一方で、居酒屋で3種類飲み比べもやったことあるのですが、その時は美味しく飲めても、何を飲んだのか、どれが良いのか全く覚えてませんでした(ノ∀`)

というわけでこんな記事を書いていますが、誰にでも勧められる記事ではありません。対象となるのは以下のような人です。
  • ある程度自由にできるお金がある(社会人1年目程度)
  • 美味しければ味にこだわりがない
  • 近くにある程度酒を売ってる店がある
逆に言えば、お金がない学生、最初から好みが分かってる人、近くに店がない人は除きます。それ以外の人で、日本酒に興味があるけど、買い方が分からない人は、次のようにして買ってください。
  1. 近くのスーパーに行く
  2. 日本酒コーナーで「純米吟醸」と書かれた300mlのものを探す
  3. その中から、どれでもいいので買う
理由を説明します。なぜこれで迷わないのかというと、「純米吟醸で300ml」のものは、1つのスーパーに1つか2つしかないからです。そもそも1つか2つしかないので迷いようがありません。それでも決まらないなら数え歌でも歌ってください( ´ω`)

スーパーで買う理由は、入手しやすいからです。スーパーで300mlで買えるお酒は、ほとんどが地元(県内産)のお酒で、気に入ったら720ml、1.8Lも簡単に買えるものばかりです。

あくまでとっかかりですが、それでもスーパーで買うのが不安な人は、専門店にどうぞ。選択肢は増えても、選び方は同じです。コンビニにも置いてあることが多いです。ただ、激安スーパーやドラッグストアにはまず置いてません。ネットで買うのは面倒なので、とっかかりにはお勧めしません。

「純米吟醸」を選ぶ理由は、"日本酒らしさ"が分かりやすいからです。どんなお酒でも、まずはその人によって好みがありますが、日本酒は米のお酒なので、米の美味しさが出てる方がとっかかりにいいと思います。

「純米大吟醸」でないのは、値段が高い上に、そもそも300mlで売ってないからです。もし売ってて、買うのに躊躇しない値段なら、選択肢の1つに入れていいと思います。

最後に、純米吟醸は高めですが、それでも300mlなら、500〜600円台で買えます。社会人の金銭事情なら、失敗しても"勉強代"で済まされる金額です。あと、このクラスになると、少なくともマズいということはありません。

その選んだ1本が合うにしろ合わないにしろ、それが一つの基準です。同じ純米吟醸で他の銘柄を飲めば、味の好みが分かり、純米酒を飲むことで、吟醸造りの特徴が分かります。たったそれくらいですが、最初の一歩も踏み出せない人にとってのとっかかりとしては十分だと思います。

日本酒を飲み始めて思ったのが、「ハズレが少ない」ということです。ビールはまともに飲めるものが片手に満たないほどで、ワインは嫌いじゃないけど、好き嫌いが激しいのと比べると、日本酒はハズレがないなぁと思います。その代わり口当たりや後味で好みがはっきり出ますが( ´ω`)

最近はスパークリング日本酒が流行ったり、一部の日本酒が大人気で手に入らない現象も起きているようですが、そもそも日本酒は美味しいもので、大して高いものでもありません。日本酒が過小評価されているのは実にもったいないと思います。