2015年11月22日日曜日

ビール嫌いでも試す価値があるビール

自分はビールが大嫌いです。大嫌いを通り越して憎いです。なぜこんなものが飲まれてるのか全く理解できません。

普段はこういう言い方はしないのですが、ビールは日本のダメなところが凝縮された飲み物だと言えます。「とりあえずビール」という悪習慣もですが、個人的に許せないのが「ビールの苦みが美味しい」という価値観です。これははっきり言って大嘘です。「苦みが美味しい」という価値観は、「仕事はつらいからよい」というくらい意味不明です。

ネットを検索しても、「苦みが美味しい」という根拠は全くありません。「抗ストレス作用がある」と言われても、別にストレスを溜めたいとは思いません。苦さは慣れると言われますが、それは単に舌が麻痺してるだけです。

世の中で「苦味"が"美味しい」という珍妙な言説がまかり通っているのはビールだけです。たとえば、コーヒーで重要なのは味や香りです。ブラックコーヒーを好む人が多いのは、ブラックの方が味や香りを楽しめるからです。自分も良いコーヒーはブラックで飲むこともあります。

ゴーヤーも苦味が特徴の食べ物ですが、苦味を和らげる方法が広く知られています。また、代表的な料理であるゴーヤーチャンプルーは、様々な食材を混ぜることによって、"苦味を含む美味しさ"を創り出しています。

また、自然のものには、苦味と旨味を両方含むたべもの食べ物が多くあります。苦いからと避けていると、美味しいものに出会う機会を逃します。だから、「苦味は大人の味」というのは大嘘で、「"苦味を含む美味しさ"が分かるのが大人」です。

仕事も同じです。仕事はつらいこともありますが、楽しいこともあるし、達成感もあります。つらいことを全て避けてたらその楽しさにも出会えませんが、つらいことばかりだと続きません。要はバランスです。

しかし、ビール好きはなぜか、苦いからビールが嫌いという人に、なぜか苦味が美味しいという価値観をごり押しします。当然そんな考えは理解できません。だからビール離れをするのは当たり前です。

世の中には「ビールが苦手な人でも飲める」と言われてるものもあります。しかし、これも論外です。なぜなら、これらのほとんどは苦味が少ないだけです。そんなもの好んで飲みたいとは思いません。

なぜここまでねちねちねちねちビールの悪口を書いているのかというと、世の中で売られているビール類を一通り飲んだからです。そしてどれも「飲めたものじゃない」という結論に至りました。実際、ほとんどのビールは100ml飲めたら良い方で、途中で捨てました。

ただ、いろいろ飲んだ中で、これだけは続けて飲んでもいいなぁと思ったのが2つありました。それが「ホワイトベルグ」と「銀河高原ビール」です。

最初ホワイトベルグを飲んでみたときの感想は「ビールとは全く別物」でした。しかも、苦さがない以上に、コリアンダーの風味という別の良さを持ってきています。苦味が少ないだけなら飲む価値はありませんが、この風味ならアリです。

このホワイトベルグがきっかけでビールの飲み比べをしたのですが、その中でびっくりしたのが、もう一つの「銀河高原ビール」です。何がびっくりしたかというと、味はもちろんですが、麦芽、ホップ、水だけで作られていることです。ビールと同じ原料で全く違うものが作れるのかとびっくりしました。

後で調べてみたのですが、これはどちらも「白ビール」と呼ばれるものでした。ホワイトベルグはベルジャンスタイルホワイト系(厳密には違うらしい?)、銀河高原ビールはヴァイツェンと呼ばれる種類です。小麦を多く使っているのが特長です。

ただ、白ビールが全て当たりではなく、続けて買って飲んでもいいかなと思ったのがこの2種類だけでした。白ビールでも自分には苦味の方が強く、好みでないものがありました。だから、「試す価値はある」とやや控えめな表現です。

ビールをいろいろ飲み比べて分かったのは、「世の中にビールの種類はたくさんある」という当たり前の事実です。日本で広く売られているビールは、ピルスナーというごく一部にすぎません。その狭い世界の中で味の議論をするなんてマヌケ以外の何ものでもありません。日本のビールはあまりに貧困でした。

しかしようやく、貧困だった日本のビールもまともになってきました。エールタイプのビールも普通に見かけるようになり、地ビールも珍しいものではなくなってきました。特に地ビールはヴァイツェンが多いようで、旅行での楽しみが増えました( ´ω`)