2015年10月30日金曜日

なぜ企業は東京に人を集めたがるのか

以前からずっと不思議だったのが、なぜ企業は地価の高い東京、しかも都心に人を集めたがるのかという点でした。特にIT企業が東京に集中するのかが謎です。

都心にオフィスがあることを否定するわけではありません。営業とかは都心にあった方が便利でしょう。ただ、開発はわざわざ都心でなくても、郊外でも十分です。日本IBMも大和事業所があって、こっちは通勤地獄もなく、ゆったりとした環境でした。

よく言われるのは「人を集めるのに有利」ですが、自分はそうは思いません。都会の方が優秀なのはせいぜい新卒くらいで、本気で人を育てるつもりがあるなら、サイボウズのように松山にオフィスを構えてもいいわけです(いつの間にか移転してましたね)。「知識」もネットが当たり前、せいぜい週末にイベントに行ければ十分です。

なので、ずっと不思議だったのですが、この間、都心に人を集める理由が分かりました。それはこれです。

人をいつでも捨てられるから

例えば地方に大きな工場を建設すると、もしその工場を閉鎖せざるをえなくなったときに、大問題になります。若い人なら引っ越しできますが、家を買ってるとなかなかそうはいきません。一方で、都心にオフィスを構えていると、簡単に閉鎖できます。

「捨てる神あれば拾う神あり」と言いますが、それはあくまで「まだ使える人」です。何らかの理由で精神的に病んだり、何か問題がある人はそのまま捨てられるだけです。東京では人の使い捨てが当たり前なので、毎日のように人身事故が起きても「電車が止まって困る」という程度に感覚が麻痺しています。

自分は精神的に病んだ上で内定取り消しされて無職になりましたが、親に「実家に帰ってこい」と言われなければ、飛び降り自殺しててもおかしくない状態でした。もし自殺しても、3ツイートくらいされてそれで終わりでしょう。

一方で、今の会社では、「今いる人で何とかしよう」が基本です。徐々に人は増えてきていますが、「この人がダメだから別の人と入れ替えよう」って考えは全くありえません。体調が悪い時は休むし、家庭の事情で休みます。仕事は大変でも、人を使い捨てるなんて発想が全くありえません。

インターネットが当たり前の時代、都心だけで人を集めるのはものすごいハンデだと思います。土地が高い上に、通勤地獄による無駄な時間、情報過密による思考の硬直化と、問題は山積みです。10kgの足かせをつけて、世界の強豪を相手にマラソンをするようなものです。勝てるはずがありません。

しかし、それでも東京都心にオフィスを構えたがる理由はただ一つです。いかに人を捨てられるかが最も大切だからです。