2014年5月31日土曜日

「否常識」を疑え

「常識を疑え」とはよく言われます。この考え方自体は役立つものだと思います。ただ、自分はそれよりも、「否常識」こそ疑うべきだと思っています。

「否常識」というのはどのようなものかというと、「常識を否定した結果として得られた"新たな常識"」のことです。例えば「マスコミは信用できる」というのが常識なら、ネットの「マスコミは信用できない」というのが「否常識」です。他にも次のようなものがあります。
  • ネットは規制してはいけない
  • 会社のために働いてはいけない
  • ベンチャー企業はすばらしい
「常識を疑え」というのも「否常識」の一つです。これを疑うべきということです。

注意すべきなのは、あくまでこれは「疑え」であって、「否定しろ」ではないということです。結果として常識が正しいかもしれないし、「否常識」が正しいかもしれない。全く別の考えが生まれるかもしれない。重要なのは、「常識を疑え」はあくまで「常識に囚われるな」であって、常識を否定した結果に囚われてしまっては意味ありません。

そして「否定」を目的としている限り、それは最悪の結果を招きます。例えばキリスト教という「常識」を破壊して理性教という「否常識」を打ち立てたフランス革命のように。最高存在の祭典の記述は何度見ても恐怖で身が震えます。

「改革」を唱えた人の多くが大失敗するのも同じ理由です。「常識を否定すること」が目的になっていて、それが本当に正しいものかどうかに目を向けないため、間違いがあっても自分の考えを改めることが出来ず、自滅します。

ネットにはこのような「否常識人」がたくさんいます。例えば「ネットはすばらしい」も、最初は文字通り「ネットはすばらしい」でした。しかし、いつの間にか「リアルは敵」という考えが混じってきました。「リア充爆発しろ」が冗談でなくなってきている人も出て来ています。

そして「マスコミは信用できない」と言った結果、ネットはマスコミよりも劣悪な、煽りとデマだらけのメディアばかりが並ぶ無法地帯になってしまいました。「否常識人」には満足かもしれませんが、自分には耐えられません。

このように「否常識」に囚われると、最終的には自分が不幸になり、それ以上に周りを不幸にします。そのような人たちを見ると正直呆れます。「否常識」に囚われるくらいなら、普通の人の方が自分は素晴らしいと思います。

「非常識」な人は最初は反発されますが、それが「本物」ならば、最終的に受けいられることがほとんどです。しかし、「否常識」な人は常に「偽物」であるため、ただ社会を混乱させるだけです。

2014年5月14日水曜日

「マイルドヤンキー論」から見えるもの

最初に書いておきますが、自分はこの話を心底「くだらない」と思っています。もちろんこの言葉の元になった本は読まずとも駄本だと分かるので読む気は全くありません。このような本を読むのは時間とお金の無駄です。ただ、この問題に対して自分の頭のスペースを消費するのがもったいないので、書いておきます。

まず「マイルドヤンキー」には以下のような特徴があるようです。EXILEのように関係ないだろうというのは外しています。
  • 「絆」「仲間」「家族」という言葉が好き
  • 半径5kmの地元から出たくない
  • 車、特にミニバンが好き
  • ショッピングモールが好き
  • 上昇志向がない
  • ネットへの関心が低い
自分がこの言葉を聞いたときに思ったのは「ただの普通の人だな」と思いました。そして、自分も「半分」この特徴に当てはまります。次のように。
  • 家族を大切にする
  • 普段は半径5kmの地元で生活する
  • 地元のショッピングモールか百貨店でほぼ十分
  • 生活を良くすることに関心があるが、上昇志向はさほどない
  • ネットを使っているが、ネットを信用しない
明らかに違うのは、免許を持って無く、車に関心がないことくらいです。そしてもちろん、自分は「ヤンキー」とは遠くかけ離れた人です。

ではこの定義から何が見えるのか。それはこの条件を裏返しにしてみれば分かります。(ショッピングモールの反対が何かには悩みますが)
  • 個人主義
  • 視野がグローバル
  • 電車が10分に1本来るところが好き
  • オシャレな店や海外旅行が好き
  • 上昇志向が高い
  • ネットへの関心が高い
この特徴を満たすのは、在京マスコミやネットベンチャーやネット民のような「トーキョー人」です(3つの「東京」)。つまり、マイルドヤンキーという言葉は、トーキョー人が自分たちに従わない、普通の人たちを貶めるために作られた言葉です。

問題はここからです。なぜこのような言葉が出て来たのか。それは、この「マイルドヤンキー論」を持ち出す人の言葉に表れています。「マイルドヤンキー 幸せ」で検索すると、「もしかして幸せ」「そこそこ幸せ」「ささやかな幸せ」「案外幸せ」のような、素直に幸せを認められない言葉が並びます。これはつまり、トーキョー人は「マイルドヤンキー」の幸せが本物ではないと思っていることの表れです。

では、トーキョー人が考える「本物の幸せ」とは何でしょうか。「有名人」や「成功者」や「金持ち」を見てもそれが全く見えてきません。ネットを見てもテレビを見ても、この人たちの多くはいつも不満たらたらです。「幸せ者」はほとんど見かけません。そして少数の幸せ者は「ささやかな幸せ」を大事にする人たちです。

つまり、トーキョー人には全くロールモデルがありません。正確には、成功するためのロールモデルはあっても、幸せになるためのロールモデルがありません。もっと正確に言えば、幸せになるためのロールモデルはあっても、それを受け入れられていません。

自分が考えるに、そのロールモデルは3つあると思います。一つは、「ささやなかな幸せ」を認めること。成功したいからと言って、「ささやかな幸せ」を否定する必要性はありません。むしろ、成功者ほど、早いうちに「ささやかな幸せ」を手に入れているのではないかと数年前に気づきました。

二つ目は、篤志家になること。アメリカでは、成功した人は慈善事業に携わる人が多いです。ビル・ゲイツも、今では篤志家として有名です。見返りを求めますが、リスクの高い投資をするエンジェル投資家もいます。ただお金を渡すのではなく、社会をよくしていくために積極的に関わる、「経営」することは、事業を成功させること以上にやりがいがあることだと思います。

日本でもたくさんの資産がある人は寄付をしていますが、慈善事業を「経営」する人はほとんど見かけません(スワンベーカリーくらい)。自分も含めて、普通の人はそれ以上に慈善活動に携わっている人は少ないです。もっとも、これは時間にしろ、金銭的にしろ、ある程度自分に余裕がある人でないと出来ません。

そして三つ目。それは「不幸」であることを受け入れることです。世の中には知らない方が幸せなことはたくさんあります。自分もTwitterを見ては「こんなの見たくなかった」という後悔を毎日のようにしています。

その不幸に目をつむれば「ささやかな幸せ」は得られます。しかし、それに目をつむらずに不幸に対して徹底的に向き合う。それは「幸せのロールモデル」ではないとしても、どう生きるかの指針にはなると思います。

2014年5月7日水曜日

松山市の水道料金が倍になったという【デマ】について

以前少し聞いたときはスルーしてたのですが、松山市の水道料金が倍になったというデマが流れています。松山市もこれを否定しています。

自分は5年前から松山市に住んでいますが、そんな話は全くありませんし、そもそも高いと思ったことはありません。前に住んでたところが月2000円の固定額で、今住んでるところは2ヶ月毎の集金ですが、1ヶ月ごとで計算すると前住んでたところより安いです。

松山市の水道料金はこのようになっています。
  • 1m^3〜10m^3までの分: 38円 / 1m^3
  • 10m^3〜20m^3までの分: 159円 / 1m^3
  • 20m^3〜30m^3までの分: 237円 / 1m^3
  • 30m^3〜50m^3までの分: 262円 / 1m^3
  • (以下略)
これを例えば、仙台市と比較してみます(こちらは税抜なのに注意)。
  • 1m^3〜10m^3までの分: 80円 / 1m^3
  • 10m^3〜20m^3までの分: 185円 / 1m^3
  • 20m^3〜50m^3までの分: 205円 / 1m^3
  • (以下略)
これを見て分かるように、1m^3から20m^3までは松山市の方が安く、逆に20m^3から50m^3は松山市の方が高いです。松山市がこうなってるのは、松山市がよく水不足になってて、節水に力を入れているからです。例えば、節水型洗濯機に補助が出ます。もっとも、自分が松山に来てからは一度も水不足になっていませんが( ・ิω・ิ)

今回は仙台市と比較しましたが、例えば東京都は全体的に安く、千葉県は全体的に高いなどと、地域によってまちまちです。現在の松山市の料金が飛び抜けて高いわけじゃないのだけはハッキリしています。

本題の水道料金についてのデマですが、どうやらソースはこちらのようです。このページに書いてある通り、確かに例えば1m^3〜10m^3は15円から35円に上がるのですが、それは値上げというより、他の地区より安すぎたのを是正するという方が正しい言い方でしょう。

では、この「旧荏原川東、旧荏原川西、旧関屋出口、旧久谷中組、旧窪野地区簡易水道」はどこなのでしょうか。松山に長らく住んでいる人なら分かるかもしれませんが、自分はさっぱり分からないので調べてみました。どうやら、次の地区のようです。
  • 旧荏原川東、旧荏原川西
    • 愛媛県松山市東方町
  • 旧関屋出口、旧窪野地区
    • 愛媛県松山市窪野町
  • 旧久谷中組
    • 愛媛県松山市久谷町
これを地図で見てみれば分かると思いますが、久谷町と窪野町は山の方で、近くに川が流れている。東方町は平地のようですが、近くに池がある。つまり、両方とも水の豊富な地区です。おそらくここに自分たちで水道を作ってたんだと思います。だから「簡易水道」で、それが「上水道に統合」されたんだと思います。

本当はそこが統合された経緯についても調べたかったのですが、疲れたのでここまでにしておきます。ただ、愛媛県松山市東方町について調べてたら「水道負担金:25万円」という土地があったので、水道代が安い分、負担がかかっていたのかなと想像してますが…

とにかく、これがデマなのは疑いようがありません。そのデマを流した人たちが誰なのかTopsyなどで調べてみたのですが、そのメンバーを見たときに、呆れると同時に怒りが沸いてきました。これまで何度もデマを流してきた人たちが多数並んでいました。またこいつらか。