2014年9月29日月曜日

電車に乗ると心が荒む

先日、出張で東京に行ってきました。東京に行くのは4年ぶりでしたが、わずか1泊にも関わらず、憂鬱になりました。東京はせいぜい旅行で行くところで、人が住むところや働くところじゃないと改めて思いました。

しかし、以前は「満員電車」「長時間通勤」が大嫌いでしたが、今回は満員電車でもなく、長時間通勤でもなかった(飛行機は除いて)にも関わらず、憂鬱になったため、その理由をあらためて考えてみました。

その考えた結果が以下の図です。移動時に「見えるもの」を分類し、それに対して「できること」を追加しました。図で「人」とあるのは、「人を見て観察すること」を表しています。


今回感じたのは、「地上を走る電車」と「地下鉄」の違いです。地上を走る電車は景色を見て楽しむことができます。しかし、地下鉄は景色がなく、人に見せることを目的とする有害な広告ばかりです。視線をどこに移しても有害なものしかありません。

乗り換えも短いので集中してゲームもできないとなると、スマートフォンに逃げるくらいしかありませんが、スマートフォンで有害なものを避ける方が難しいです。特にネットは有害情報だらけなので、見れば見るほど心が荒みます。

そして、そのようなただうつむいてスマートフォンを見ている人を見ても自分の心が荒むだけです。だから「人」の評価は地下鉄が最低になっています。

自分は普段は自転車通勤なので、不快な情報を目にすることはほとんどありません。せいぜいauショップののぼり旗くらいです。ネットさえ見なければストレスの95%はなくなります。

ふだんそのような環境にいる自分が有害な情報まみれの東京の地下鉄に乗れば、憂鬱になって当然です。自分は1日だけなので憂鬱になるだけで済みましたが、この地下鉄に毎日1時間も乗るなんて、牢獄にいるようなものです。

生気が感じられない東京の地下鉄に比べると、大阪の地下鉄は雑談をする人が多いのでホッとします。さすがに「阪急電車」のようなドラマティックな話はありませんが( ・ิω・ิ)